services_banner

トップ10の競争力であなたの会社を着実に発展させる方法

企業が持続可能かつ着実に発展するためには、自社のコアコンピタンスを育成する必要があります。

企業のコアコンピタンスは、もともと特定の能力に反映されています。企業のコアコンピタンスは、トップ10の競争力と呼ばれる特定の兆候の分析に基づいて、大まかに10のコンテンツに分解できます。

(1)意思決定の競争力。

この種の競争力とは、企業が開発の罠や市場機会を特定し、環境の変化にタイムリーかつ効果的に対応する能力です。この競争力がなければ、コアコンピタンスは腐肉になります。意思決定の競争力と企業の意思決定力は同じ関係にあります。

(2)組織の競争力。

エンタープライズ市場の競争は、最終的にはエンタープライズ組織を通じて実施する必要があります。企業の組織目標の達成が確実に達成された場合にのみ、人々はすべてを行い、成功するための基準を知って初めて、意思決定の競争力によって形成される利点が失敗することはありません。また、企業の意思決定力や実行力もそれに基づいています。

(3)従業員の競争力。

誰かが企業組織の大小の問題を処理する必要があります。従業員が十分な能力を持ち、良い仕事をする意思があり、忍耐と犠牲を持っている場合にのみ、彼らはすべてを行うことができます。

(4)プロセスの競争力。

このプロセスは、さまざまな組織や会社の役割で物事を行う個々の方法の合計です。これは、企業組織の運営の効率と有効性を直接制限します。

(5)文化的競争力。

文化的競争力は、共通の価値観、共通の考え方、共通のやり方で構成される統合力です。これは、企業組織の運営を調整し、その内部および外部のリソースを統合する役割を直接果たします。

(6)ブランドの競争力。

ブランドは品質に基づく必要がありますが、品質だけでブランドを構成することはできません。これは、一般の人々の心にある強い企業文化を反映しています。したがって、企業が内部リソースと外部リソースを統合する能力も直接構成します。

(7)チャネルの競争力。

企業がお金を稼ぎ、利益を上げ、発展させたいのであれば、その製品やサービスを受け入れるのに十分な顧客が必要です。

(8)価格競争力。

安いは8つの価値の1つです ​​顧客が求めるものであり、そうでない顧客はいない'価格は気にしないでください。品質とブランドの影響力が等しい場合、価格優位性は競争力です。

(9)パートナーの競争力。

今日の人間社会の発展に伴い、世界のすべてが助けを求めず、すべてを行う時代は過去のものとなりました。お客様に最高の付加価値サービスと価値満足を提供するために、戦略的提携も確立します。

(10)フィルターエレメントの革新的な競争力。

まず、継続的なイノベーションが必要です。誰が最初にこのトリックを作成し続けることができ、誰がこの市場競争で無敵になることができます。したがって、それは企業支援の重要な内容であるだけでなく、企業の実行の重要な内容でもあります。

これらの10の主要な競争力は、全体として、企業のコア競争力として具体化されています。企業資源を統合する能力の観点から分析すると、競争力のこれら10の側面のいずれかの欠如または低下は、この能力の低下、つまり企業のコアコンピタンスの低下に直接つながります。 


投稿時間:2020年10月11日